WiMAXとWi-Fiの違い

WiMAXとWi-Fiの違いについて!どちらを選べばよい?

WiMAXとWi-Fiの違いについて!

Wi-Fiとは「IEEE802・11」という国際的な規格に基づいて接続される無線方式のネット通信の仕組みです。

 

Wi-Fiは光回線を使って無線で電波を飛ばしてインターネットを行うことができます。

 

光回線を契約すると、基地局からの1本の光ファイバーが電柱を通り、そこから建物内に引き込んで、家の光コンセントまで届きます。光コンセントからはモデムをLANケーブルで接続します。

 

それを有線接続してパソコンに供給することもできるのですが、ルーターと呼ばれる機器と接続することで無線でスマートフォンやゲームやタブレットやパソコンに接続することができます。

 

イメージとしては「基地局→電柱→家の中の光コンセント→モデム→ルーター→それぞれスマホやタブレット、パソコンなど」となります。接続には様々な規格があります。これを一般的にWi-Fiと呼びます。

 

ようは基地局からの1本の光ファイバーが電柱を通って、物理的に建物内の光コンセントまで届き、それをルーターと接続し、ルーターから無線で電波を発し、端末機器(スマホなど)にインターネット接続させるのがWi-Fiです。

 

無線電波が飛ばせるのはルーターの周辺だけですから、当然その引き込まれた建物内でしかWi-Fiは利用できません。

 

一方WiMAXというのはそれぞれの地域にある基地局(アンテナ)から発せられる無線電波を直接モバイルルーターでキャッチして、それを手持ちのスマートフォンやタブレットやパソコンにWi-Fi接続してインターネットを使います。

 

モバイルルーター1つあれば基地局(アンテナ)から発せられる電波をキャッチしていつでもどこでもインターネットが利用できます。当然家の中だけでなく外でもインターネットに接続ができます。

 

WiMAXの仕組み

 

これがWiMAXとWi-Fiの説明になります。WiMAXは契約すれば、SIMカードとモバイルルーターが貰えますから、SIMカードをモバイルルーターに差し込めばいつでもアンテナからの無線電波をキャッチしてインターネット接続できるようになります。

 

Wi-Fiの方は基本は光回線と契約して、初期工事をして家に光ファイバーを通して、ルーターを自前で用意してはじめて無線でインターネット接続できます。それも家の中だけでしか接続できません。

 

公衆Wi-Fiというものがあります。たとえばローソンやセブンイレブンなどWi-Fiのフリースポットを用意しています。あれはたとえばローソンで光回線と契約しており、ルーターを設置して、SSIDとパスワードを解除(フリー開放)して、ローソンに立ち寄ったお客さんなら誰でもWi-Fi接続できるようにしたものです。

 

WiMAXとWi-Fiの違いとは、WiMAXと固定回線(光回線)の違いになるかなと思います。光回線とWiMAXの違いとどちらを選ぶかは以下のリンクを参考にしてみてください。

 

光回線とWiMAXの比較!WiMAXは固定回線代わりに使える?

 

光回線を契約してルーターを自前に用意すれば家でWi-Fiが24時間使い放題となるのです。

 

Wi-FiとWiMAXどちらを選べばよい?

Wi-FiとWiMAXは全く別物ですので、判断すぐにつくと思います。特徴をあげると以下の通りです。

 

光回線(Wi-Fi)
  • 月額料金を払えば使い放題
  • 初期工事が必要(1万〜2万)
  • 家でしか使えない
  • ルーターが必要
  • 回線速度は安定していて速い

光回線は月額料金(4千円〜5千円)を支払えば使い放題です。基本的にパソコンからインターネットする時、WEBやダウンロードの容量は光回線に合わせています。表示する画像の数も多いですしそれだけ容量を食います。モバイル回線でパソコンを毎日長時間使うとすぐに制限を食らってしまいます。無理があります。

 

光回線には初期工事が必要です。1回日程を合わせて1時間程度立ち会い工事が必要です。工事が終わると光コンセントが設置されるので、ルーターを家電量販店で購入して接続します。

 

ルーターは安いもので3千円程度、高くて1万円程度で売っています。セキュリティ面を考えたらBUFFALOかNECが良いですね。「光コンセント→モデム(ONU)→ルーター」と接続するとWi-Fiが使えるようになります。

 

ルーターにはそれぞれ固有のSSIDとパスワードが存在します。それは製品(ルーター)を購入すると中に入っていますから、それでスマホやタブレットやパソコンのWi-Fi接続画面でそのSSIDを選択してパスワードを入力するとWi-Fi接続ができます。ルーターのSSIDとパスワードが大事なので、その情報は大事に保管しておきます。

 

基地局からの1本の光ファイバーが物理的に直接家まで届くので、回線速度は安定しますしとても速いです。

 

WiMAX
  • 工事不要
  • 通信制限あり
  • 家だけでなく外でも使える
  • 回線速度はそこそこ速い

WiMAXは初期費用で必要なのは事務手数料3千円だけです。モバイルルーターは無料で使えます。初期工事も不要なので、申し込みをするとエリア確認をしてくれ、エリア〇だった場合は速くて即日、遅くても1週間以内にモバイルルーターが届きます。

 

届いたらモバイルルーターにSSIDとパスワードが記載されているので、それを端末機器(スマホなど)に入力するとWi-Fi接続は完了です。すぐにインターネットが利用できます。

 

3日で10GBという通信制限がありますから、パソコンを使って映画やドラマや長時間の高画質音声をインターネットで落としまくる(ダウンロードしまくる)という使い方は不向きです。パソコンを使って大容量ファイルをダウンロードしすぎると通信制限を食らって、次の日の夜は低速化になります。

 

いまはパソコンよりはスマートフォンやタブレットでインターネットをする方が多いです。SNSやサイト閲覧やストリーミング再生や生放送の視聴でしたらWiMAXで十分です。

 

モバイル回線を使ったサービスですから、主にスマホを使う方向けのサービスと言えます。回線速度はエリアさえしっかり確認しておけば、25Mbps程度は昼夜問わず出ます。高画質動画のストリーミング再生(HDや4K)であってももたつくことなく視聴することが可能です。十分な速度が供給されます。

 

Wi-FiとWiMAXの違いまとめ

Wi-FiとWiMAXの違いをまとめると、Wi-Fiは光回線で使い放題ですが、家でしか使えません。パソコンを使って大容量ファイルを毎日ダウンロードするなどヘビーユーザー向けです。

 

また戸建ての方は光回線を通しておくと、ルーターを設置すれば家族全員がいつでもWi-Fiでインターネットができるので便利です。ルーターにSSIDとパスワードを貼っておけばそれを見て家族は簡単Wi-Fiに接続ができます。家にいるときはWi-Fiを使うことでスマートフォンの通信量の節約にもなります。

 

WiMAXは外に持ち運びができますが3日で10GBという通信制限が存在します。パソコンはたまに使うぐらいで、主にスマホやタブレットでのインターネット利用をする方に向いています。

 

1人暮らしで自分専用のモバイルルーターとしても相性は抜群です。WiMAXですと工事不要なので引っ越す時は登録住所を変更するだけでまた次の引っ越し先でもすぐに利用ができます。

 

【料金比較】2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円

ホーム RSS購読 サイトマップ