WiMAXの通信制限と速度制限について

WiMAXの通信制限と速度制限について

WiMAXの通信制限と速度制限について

WiMAXというのはWiMAX2+と呼ばれるモバイル回線を使ったインターネットサービスです。モバイル回線にはたとえばLTEやAXGPなどの種類がありますが、どれも無制限プランは存在せず、必ず通信制限を設けています。

 

それぞれの地域でアンテナ(基地局)があり、そこの無線電波をそこに住んでいる契約者で共有して使うため、無制限にしてしまうとパンクしてしまい、全体の回線速度が落ちてしまいます。

 

そういったことを防ぐための通信制限です。

 

本当に無制限で使いたい場合は家に光回線を引く必要があります。定額制の無制限使い放題なのは固定回線だけです。

 

※ソフトバンクでソフトバンクエアーと呼ばれる家に据え置くタイプでモバイル回線を使った無制限プランは存在します。ただしそれでさえ夜間には予告なく速度制限を設けることがあります。本当に無制限プランのモバイル回線を使ったサービスは存在しません。

 

WiMAXでは2つのプランが用意されています。以下の通りです。

  • ツープラスプラン(月額3696円)…月額7GB制限、超過した場合は128kbpsとなる
  • ギガ放題プラン(月額4380円)…3日で10GB制限、超過した場合次の日の18:00〜26:00(時間帯制限)に下り1Mbpsの速度制限がかかる。4日目以降の利用通信量で時間帯制限が解除される

上記の2つのプランがあり、それぞれに通信制限を設けています。たとえば他のサービスでは夜間にその地域での通信量の総合に応じて速度制限を設けたり、アナウンスなしで急に通信制限を設けることがあります。

 

WiMAXではそのような速度制限はないので、上記の通信制限のみとなります。

 

ツープラスプランでは月間7GBとなります。利用するモバイル回線は主にWiMAX2+になります。ただし月額1005円のLTEオプションを加えることで、auのLTE回線も使えるようになります。
この場合はWiMAX2+とLTE合わせて月額7GBということです。

 

正直月額3696円で月間7GBというのは料金に対して通信制限が厳しいです。利用する方は少ないと思います。

 

殆どの方がギガ放題プランを選んでいます。月額料金に対して通信制限が緩いからです。3日で10GBとなります。直近3日の通信量の合計が10GBを超えた場合は、次の日の夜に時間帯制限(夜6時から2時の間)がかかります。通信制限がかかるとその時間帯は1Mbpsに低速化されます。

 

3日で10GBってどのくらいインターネットが使えるのか

WiMAXの通信速度制限3日で10GBで何ができる

 

注意点としてはたとえば1日目に10GBを使ってしまった場合、その後3日間はどうあがいても速度制限がかかります。直近3日の合計値ですから、1日で10GB超えてしまうとあとが苦しいです。

 

ただし10GBですから、そんな使い方をする方は稀だと思います。たとえばパソコンで高画質で長時間あるオンデマンドビデオをネットで何度も落とす(ダウンロードする)という使い方をしないと10GBなんて超えません。パソコンを使って動画をダウンロードして、パソコン上に何十本も動画を残したいという方は光回線を使わないといけません。

 

使っているアプリのアップデートではせいぜい数十〜数百MBです。IOSのアップデートでさえ1GB程度です。youtubeの高画質動画(HD)やスポナビの超高画質生放送でも、ストリーミング再生で15時間以上みないと10GBは超えません。

 

たとえ速度制限がかかったとしても1Mbpsは出ますから、荒い画質(240P〜360P)でyoutubeくらいなら、再生を押してからはじまるのに3秒程度待たされますが、問題なく見ることができます。

 

ギガ放題の方でも利用するモバイル回線は主にWiMAX2+になります。LTEオプション(月額1005円)を付けることで月間7GBまでauのLTE回線が使えるようになります。

 

LTEというと総人口カバー率99%超ですから、どこでも利用できるモバイル回線ということです。オプションを付けるとこれが月間7GBまで使えるということです。ただし注意点としてこちらの回線を7GB使いきってしまうとWiMAX2+の方も通信制限がかかってしまうので、LTEの方は6GBまで利用し、あとはWiMAX2+の方に切り替えて使うとよいです。

 

ただし、今はWiMAX2+の人口カバー率はとても高くなっており、LTEとの違いを見つけるのが難しい状態です。通勤通学先でたとえば電車通学で長いトンネルや山の中を移動するなど、本当に限られた人以外はLTEは不要です。

 

WiMAX2+は唯一山の中だけは全く繋がりません。

 

月間の通信量、または3日の合計の通信量はモバイルルーターのホーム画面でいつでも確認ができます。使いはじめの時はどのくらい使ったらどのくらい通信量が消費するのかわからないので頻繁にモバイルルーターで確認しますが、慣れてくると10GBを超えることなんてめったにないとわかるので、モバイルルーターの画面は一切みなくなっていきます。

 

WiMAXには通信制限と速度制限が存在しますが、それはとても緩いものと言えます。

 

【料金比較】2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円

ホーム RSS購読 サイトマップ