WiMAX2+の通信速度

WiMAX2+の通信速度はどのくらいか独自に調べてみました

WiMAX2+の通信速度はどのくらいか独自に調べてみました

私は実際にWiMAXを使っているのでその回線速度を調べてみました。使用している端末は「Speed Wi-Fi NEXT W04」です。利用回線は勿論「WiMAX2+」です。

 

WiMAXはモバイル回線(WiMAX2+)の電波をモバイルルーターで受信してインターネット利用するものです。その電波は「基地局(アンテナ)」から発せられています。
WiMAXのアンテナ
ですから当然利用する場所によって電波の強さは若干違います。絶対的にどのくらい速度が出ると決めつけれるものではありません。その地域の基地局(アンテナ)の設備数とその地域のWiMAXの利用者数(利用トラフィック数)によって速度は小さく変動します。

 

私の自宅では昼が40Mbpsほど出ており、夜間でも25Mbpsは出ていました。外でも当然使うのですが、一番速度が速かったのが、東京駅周辺で、外で利用して90Mbpsほどです。

 

公式では下り最大440Mbpsとなっていますが、そんなスピード出たことは一度もありません。色んな場所で測定しましたがだいたい30Mbps〜40Mbpsでした。
地下道でも普通につながりますし電車の移動中でもyoutubeや生放送を見ることができます。大型ショッピングモールの中でもカラオケの中でも問題なくインターネットが利用できました。駅ビルでも普通に使えました。

 

ただ、カラオケ屋の部屋の中だけは回線速度が15Mbpsくらいしか出なかったです。やはり建物の中で防音ですしかなり電波が入りにくかったのだと思います。山梨県の甲府の外れの田舎道を歩きながら使ってみても問題なくインターネットが繋がりました。

 

本当に密室で入りこんだ建物でない限り、普通に利用ができます。山梨県でも使ったことがあるのですが、さすがに誰も住んでいないような山の中や山の近くでは全く繋がらなかったです。あとは山梨県は電車の移動中に長いトンネルを通ることが多いのですが、そういった長いトンネルでも全く繋がらなかったです。WiMAX2+で唯一電波が届かなかったのが山の中と長いトンネルでした。

 

それ以外はスマホの回線(LTE)がつながっている地域ではWiMAX2+も繋がっていました。正直LTEとの違いがわからないほど、接続はよかったです。以下の画像をみればわかりますが、WiMAX2+とLTEのエリアの差はほとんどなくなっています。

 

WiMAX2+の対応エリア
WiMAXのアンテナ

 

auのLTEの対応エリア
WiMAXのアンテナ

 

回線は常時25Mbps以上出ていれば4K動画でもネトゲでも全く問題なくインターネットができます。youtube動画をHD画質でみてもスポナビで野球観戦を高画質でみても全く止まりませんでしたしサクサク動きました。

 

私は昔フレッツ光(PPPoE接続)を使っていたことがあるのですが、それと同じくらいの体感速度はありました。

 

「モバイル回線って便利で速くなったんだなぁ」というのが正直な感想です。今はライトユーザー限定ですが、固定回線を引かずにWiMAXだけでやりくりしている人が増えているようです。実際に使ってみてそういった人がいてもおかしくないなと思いました。

 

いまはNURO光など超高速光回線があるので、それと比べるとやはり劣ってしまいますが、もたつくことはないので、WiMAXであっても問題なくインターネットが利用できます。

 

WiMAXは3日で10GBという通信規制があり、私は何度かひっかかって低速化されました。低速化されている間は測定すると1.52Mbpsでした。youtubeの荒い画質なら数秒待たされますが普通に動画視聴できました。

 

SNSやWEB閲覧なら全く問題ないですが、動画だとちょっと待たされる速度です。

 

あと注意点としてはモバイル回線なので地域によって若干違いがあります。必ず今住んでいる自宅だけはピンポイントエリア測定をして電波の強さを確かめておく必要があります。

 

「〇」もしくは「〇〜△」なら利用できます。「△」または「×」は利用できません。以下のサイトの真ん中あたりにエリア判定があるので住所を入力してピンポイントで測定するとよいです。

 

【GMOとくとくBB WiMAX2+】公式HPはこちら

 

WiMAXの回線速度が遅いときの対処法

前述した通りWiMAXの回線速度はその地域のWiMAX2+の電波の強さにほぼ依存します。ピンポイント判定をして「△」が出た場合、そもそもその地域の電波が弱いので改善はできません。

 

サポートに問い合わせをして電波の強さを変えてもらえないか伝えることしかできません。そもそも電波が弱いのですから、自作で電波を拾いやすいアンテナを作ろうと、電波の届きやすい場所にモバイルルーターを移動させようと、結果は同じです。

 

電波が強い地域ですと、モバイルルーターをどこに置こうが回線は安定します。すべてはエリアに依存するということです。

 

あとはもし急に速度が落ちたら、通信制限にかかっているかもしれません。ツープラスプランなら月間7GBを超えるとその月は128kbpsに低速化されます。

 

ギガ放題ですと直近3日間の合計が10GBを超えると次の日の夜6時〜深夜2時までの8時間は概ね1Mbpsに低速化されます。4日目以降の合計値によって速度制限は解除されます。

 

回線が遅くなった場合は単純に速度制限にかかっているだけの場合があるので、モバイルルーターで通信量を確認してみるとよいです。

 

【料金比較】2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円

ホーム RSS購読 サイトマップ