WiMAXと店舗(ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ)

店舗(ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ)のWiMAXのキャンペーンについて

WiMAXの店舗(ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ)からのキャッシュバックについて

店舗(ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ)からWiMAXを申し込みした時のキャッシュバックについて

WiMAXを申し込みをする時「WEBから」と「店舗から」という2択があります。店舗(家電量販店)から申し込みをするメリットは「店舗で申し込みをしてその場ですぐに端末を受け取りその日のうちに利用できる」ということです。

 

その場で端末(モバイルルーター)を受け取り、すぐにWiMAXからWi-Fi接続させてインターネットが使えますから、それがメリットとなります。

 

店舗からWiMAXを申し込みをするデメリットとしては「本家(UQコミュニケーションズ)からの申し込みではないことがある」ということと「キャッシュバックが弱い」ということです。

 

それぞれ「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」「ヤマダ電機」の3つを解説していきます。表にまとめると以下のようになります。

 

店舗名 プロバイダ名 支払い方法 店舗での特典(キャッシュバック)
ヨドバシカメラ ワイヤレスゲートWiMAX クレジットのみ 当日クーポン券5千円分〜1万円分
ビックカメラ BIC WiMAX クレジットのみ ビックカメラの商品同時購入で5千円値引き
ヤマダ電機 UQ WiMAX クレジットのみ 現金5千円キャッシュバック

 

WiMAXというのはUQコミュニケーションズが回線の管理をしており、その回線は全開放していてそれぞれのプロバイダで自由に回線の権利をレンタルして利用できるようになっています。

 

本家は「UQWiMAX」ということです。ヤマダ電機から申し込みをするとUQWiMAXとの契約になるのですが、ビックカメラとヨドバシカメラについては独自のプロバイダでのサービスとなります。

 

ビックカメラは「bigWiMAX」というプロバイダとなり、「回線はUQ」、「窓口やサポートはビックカメラ」です。ヨドバシカメラは「ヨドバシワイヤレスゲートWiMAX」というプロバイダになり「回線はUQ」、「窓口やサポートはヨドバシカメラ」という形です。

 

回線自体はすべてUQコミュニケーションズのものを使っているのでサービス自体に違いは全くないのですが、窓口とサポートはそれぞれのプロバイダとなります。

 

どうしても本家からの申し込みがよいという方はヤマダ電機またはWEBからUQコミュニケーションズに申し込みをするとよいです。

 

本家から利用することと、プロバイダから利用することの違いは、サービスは全く同じですが、サポートは当然回線を持っているUQが一番理解がありますから、サポートの面で一番本家が信頼できるという点になります。あとはそれぞれのプロバイダで価格競争が起きているので、より安いプロバイダを選ぶことができます。

 

店舗から申し込みをする際のキャッシュバックについてはどの店舗も似たり寄ったりです。ビックカメラでは3年契約の場合のみ、当日ビックカメラの商品を一緒に購入すると5千円値引きとなります。

 

ヨドバシカメラの場合はWX04を契約すると5千円の当日クーポン券、W04を契約すると1万円の当日クーポン券です。クーポン券はヨドバシカメラでのみ使える券となります。ヤマダ電機の場合はW04で3年契約の場合のみ現金5千円キャッシュバックです。

 

これは私が実際にそれぞれの店舗で電話をして確認した情報になります。当然時期や店舗によってキャッシュバックの内容は異なります。ですが大体は店舗から申し込むと「WiMAXを契約することで当日店頭で使えるクーポンが5千円〜1万円分もらえる」といったキャンペーンになります。

 

キャンペーン自体はとても弱いですが、「店頭ですぐに端末を受け取ってすぐに使える」ということが店舗から申し込みをするメリットかなと思います。申し込みをする場合はUQWiMAX(本家)と契約することができるヤマダ電機がよいと思います。

 

WEBからの申し込みと比較

2年間のトータルを比較すると以下のようになります。

 

2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円
ビッグカメラ 4,380円 103,120円 商品同時購入で5千円値引き
ヨドバシカメラ 4,730円 109,304円 商品同時購入で5千円値引き

 

WEBからの申し込みキャンペーンと比較してしまうと、その差はとても大きなものとなります。たとえばGMOから申し込みをすると最初の3ヵ月月額料金割引と現金3万円キャッシュバックです。ビックローブでは不要なオプションは一切つかずに3万円〜1.5万円キャッシュバックです。

 

so-net(SONYの子会社)から申し込みをすると月額3,480円でギガ放題(3日で10GB)を利用できます。WEBから本家(UQコミュニケーションズ)の申し込みをする場合は5千円〜1万円の商品券プレゼントです。

 

キャッシュバックキャンペーンや特典はWEBからの申し込みの方が圧倒的にお得となります。店舗のサービスは基本的に高いですし、WEBからだとサポートの人件費(アルバイト)だけですが、店舗だと人件費が高いですから、やはりWEBからの方がお得にはなります。

 

WEBからの申し込みのデメリットとしては、端末が家に到着するのに1日〜2日かかりますから、その場ですぐに利用するということは当然できません。それがデメリットとなります。

 

WEBから申し込みをして大丈夫なのか?という不安を抱いている方もいるかもしれませんが、たとえばGMOはドメインやサーバーで大手の会社で一部上場企業ですし、ビックローブはテレビ宣伝もしており、フレッツ光のプロバイダサービスやビックローブ光という光回線サービスも展開しています。

 

so-netはSONYの子会社で最近はNURO光のサービスを提供しています。怪しい代理店というわけではないので、そういった面での信頼はあります。

 

すぐに端末が使いたいんだという方を除いては、やはりWEBからの申し込みがサポートもしっかりしていてお得かなと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ