@niftyWiMAXの特徴と他のプロバイダとの比較

@niftyWiMAXは他のプロバイダと比べて特典が弱い

@niftyWiMAXについて

@niftyWiMAX概要

nifty株式会社はたとえばインターネット接続に必要なプロバイダ(@nifty)サービスを提供していたり、光コラボレーション(@nifty光)のサービス提供を行っています。ノジマの完全子会社となります。

 

たとえばフレッツ光を利用する場合、プロバイダ選びとして1つの候補として上がるくらいのプロバイダだと思います。最大手とまではいきませんが、そこそこ知名度のあるサービスです。

 

WiMAXの窓口も行っており、こちらから申し込みをすることも可能です。@niftyWiMAXの詳細は以下の通りです。

 

  • 会社名→nifty株式会社
  • 事務手数料→3千円
  • 端末代→1円
  • 月額料金(ギガ放題)→初月:250円 2〜3ヵ月目:3,670円 4カ月目以降:4,350円
  • 解約金→1年目:19,000円、2年目:14,000円、3年目以降9,500円
  • 端末到着日→最短4日(月末にお申し込みの場合、到着が翌月以降になることがある)
  • 支払い方法→クレジットカードのみ
  • 窓口→毎日10:00〜19:00
  • 有料オプション→常時安全セキュリティ24(500円/月)優待サービス(500円/月)
  • 特典→最初の3カ月間月額料金割引(1ヵ月目が250円、2ヵ月目と3ヵ月目が3,670円)
  • エリア確認→http://setsuzoku.nifty.com/wimax/area
  • HP→http://setsuzoku.nifty.com/wimax/

 

@niftyWiMAXの特徴と他のプロバイダとの比較

WiMAXを契約する場合それぞれプロバイダ(窓口)があり、それぞれで価格競争やサービス競争が起きています。

 

サービス自体はUQコミュニケーションズが提供しているもので、それをプロバイダがレンタルしてサービス展開している形です。レンタルといっても回線自体は同じなので、単純に窓口が違うというだけです。

 

@niftyから申し込みをした場合、登録月の月額料金が250円です。2ヵ月目と3ヵ月目が月額3,670円でそれ以降は4,350円です。

 

解約金についても他のプロバイダと比べて安いわけではなく、どこも同じくらいです。2年契約の場合、利用開始月を1ヵ月目として25ヵ月目が更新月(解約金がかからない月)となります。

 

たとえば2017年5月に利用開始した場合、2019年6月(6/1〜6/30)が更新月です。この1ヵ月間に解約したら解約金は一切発生しませんが、この月以外に解約すると解約金19,000円〜9,500円が発生します。このシステムは他も同じです。

 

端末の発送も遅く、到着が最短4日後となります。他のプロバイダだと即日発送が可能で最短で1日後には家に端末が届きます。東京だけですけど、受取所を設けて当日受取を可能にしているプロバイダ(ブロードWiMAX)もあります。

 

正直これでしたら本家(UQコミュニケーションズ)もしくは他のプロバイダから契約した方がお得だと思います。

 

2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円
@niftyWiMAX  4,350円 101,941円 最初の3ヵ月割引き

 

 

UQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)はサービスの大元ですし、回線の管理はすべてここが行っています。勿論窓口も行っています。

 

他のプロバイダのサポートが劣っているとは言いませんが、やはり回線の管理をしているのはUQコミュニケーションズですから、ここを窓口にして契約してサポートを受ける場合、サービスに対する理解は当然一番あり、サポートの質も一番高いと言えます。

 

UQコミュニケーションズから申し込みをした場合、月額4,380円(ギガ放題)になります。特典は時期によっては商品券1万円プレゼントなどあります。2年間のトータルの支払い金額は@niftyWiMAXの同じくらいになります。それなら本家から申し込んだ方が安心できると思います。

 

一番安く使いたいならGMOとくとくBBになります。こちらから申し込むと現金3万円がキャッシュバックされます。とてもお得です。

 

ただしキャッシュバックの受取案内メールが届くのが利用開始してから11カ月後ですので、受け取り忘れに注意が必要になります。

 

回線保証を考えるならBroadWiMAXがよいです。こちらから申し込みをすると最初の3ヵ月は2726円、3カ月目以降は3,411円でギガ放題が利用できます。

 

さらに満足補償というサービスが付いており、もしWiMAXを使ってみて回線に不満が出た場合、いつでも解約金無料でリンクライフが紹介する他の回線(光回線やADSLなど)に乗り換えることができます。

 

WiMAXをはじめて利用するという方で通信制限に不安があったり回線速度に不安がある方は、この保証はとても大きいと思います。

 

GMOはサーバーやドメインの最大手で個人情報の管理はとてもしっかりしていますし、リンクライフも独自の光サービスを展開しており信頼があります。

 

正直他のプロバイダと比べてしまうと@niftyの特典は弱いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ