カシモWiMAXについて

カシモWiMAXの特徴と他のプロバイダとの比較

カシモWiMAXの特徴と他のプロバイダとの比較

カシモWiMAXの概要

カシモWiMAXとは株式会社MEモバイルが提供するMVNOのサービスとなります。MEモバイルは主に格安SIM(カシモ)の提供を行っています。あとはインターネットのインフラの情報サイトなどです。

 

WiMAXのMVNOに参入している企業はたとえばGMO(ドメインやサーバー最大手企業)だったりso-net(SONYの子会社)だったりビッグローブだったりします。

 

株式会社MEモバイルは資本金が2000万円で、親会社は株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区に本社を置く、ネット型リユース事業など2次流通を中心に展開を行っている企業)となります。
マーケットエンタープライズの資本金は3億486万5,000円です。ちなみにGMOインターネット株式会社の資本金は50億円、SONYの資本金は79億69百万円です。

 

知名度でいってもカシモWiMAXは知名度が低いです。企業の力というのは他のプロバイダと比べて弱いかなという印象を受けます。

 

カシモWiMAXの特徴は以下の通りです。

 

  • 会社名→株式会社MEモバイル
  • 事務手数料→3千円
  • 端末代→無料
  • 月額料金(ギガ放題)→初月:無料、1カ月〜2カ月:1,380円 3カ月〜24カ月:3,380円 25ヵ月目以降:4,079円
  • 契約期間→2年
  • 解約金→12か月目まで:19,000円 13か月目〜24か月目まで:14,000円 25か月目以降:9,500円
  • 端末到着日→申し込みをしてから1日〜3日後に端末到着
  • 支払い方法→クレジットカードのみ
  • 窓口→10:00〜19:00
  • 特典→月額料金割引

 

カシモWiMAXの公式HPはこちら

 

カシモWiMAXの特徴と他のプロバイダとの比較

カシモWiMAXの特徴は「わかりやすい料金体制」「選べる端末が限られる」の2点になります。カシモWiMAXはとにかくわかりすいです。料金は初期費用が3千円で、あとは以下の月額料金が発生します。ギガ放題(3日で10GB)の料金となります。

 

  • 初月:無料
  • 1カ月〜2カ月:1,380円
  • 3カ月〜24カ月:3,380円
  • 25ヵ月目以降:4,079円

 

たとえば他のプロバイダから申し込みをするとキャッシュバックは3万円と大きいのに受け取るためには11カ月後に再度手続きが必要だったり、オプションが勝手についてきて、それを外さないと月額料金が高くなったりします。

 

料金システムは2年や3年の縛りがあり、3年にすると貰えるキャッシュバックが増えたりなど。色々と複雑なのですが、カシモWiMAXはとにかくシンプルです。

 

必ず2年契約となり、月額料金も確実に割引されます。勝手にオプションがついてくることもありません。多くのプロバイダでは2年が契約すると月額料金が4,380円に戻るのですが、カシモWiMAXでは3年目以降も割引価格となります。

 

特徴の2つ目は「選べる端末が限られる」ことです。実は他のプロバイダではWX04というNEC製のモバイルルーターを選ぶことができます。

 

ただしこの端末が曲者で、ホーム画面にLTEに切り替えるボタンがあり、簡単にLTEモードに切り替わってしまいます。LTEオプション(月額1005円)は最初につけるかどうか決めれますが、それをつけなくても、もしホーム画面から間違ってLTEモードに切り替えてしまったら月額1005円が翌月から発生しだすのです。

 

他のプロバイダではその端末も選ぶことができますが、カシモWiMAXは最初から除外されています。

 

2年契約で「W04」か「L01(据え置くタイプ)」か「Triprouter(モバイルバッテリーとしても使える)」の3つから選びます。
カシモWiMAXの端末選び
殆どのケースでW04を選ぶことになります。私もW04を使っていますが、受信感度は申し分ないですし、勝手にLTEに切り替わらないですし一言で言えば無難なモバイルルーターとなります。
「Speed Wi-Fi NEXT W04」を使った感想

 

他のプロバイダではキャッシュバックの受取忘れをしてしまいそうなシステムにしていたり有料オプションがついてきたりしますが、カシモWiMAXではそういったことがありません。
カシモWiMAXの特徴を一言で言うなら「良心的な料金システム」と言えます。確実に月額料金を安くして使いたい方はカシモWiMAXを選ぶとよいです。

 

カシモWiMAXのデメリットとしては、運営の企業が「MEモバイル」です。正直調べるまで聞いたことがなかったですし、企業のことについて調べてみるとようはモバイル回線の卸売りをしている会社のようです。
たとえばドコモだったりソフトバンクだったりUQだったりのモバイル回線の権利をレンタルして、それに端末と一緒に販売している会社です。

 

親会社はマーケットエンタープライズになります。他のWiMAXプロバイダの運営企業と比べると知名度が乏しいので、その点だけ気になりました。

 

8日以内の解約違約金無料キャンセル適用

端末が家に届いてから8日以内でしたら解約金無料でキャンセルすることができます。解約金はかかりませんが事務手数料3千円だけは返ってきません。

 

ただしWiMAXではWiMAX2+という回線を使いますが、これはピンポイント判定が可能です。いま住んでいる場所をピンポイント判定して「〇」もしくは「〇〜△」が出た場合は十分に利用できます。

 

「△」または「×」が出た場合は利用できません。私は実際にWiMAXを色んな場所で使いましたがこのピンポイント判定はかなり正確でした。

 

契約する前から今住んでいる場所の電波の強さはかなり正確にわかりますから、契約する前にピンポイント判定を行うとよいです。カシモWiMAXの真ん中あたりにエリア確認の項目があり、そこでできます。

 

解約金

端末が家に届いた月の翌月を1ヵ月目として、25ヵ月目が更新月(解約金が一切かからない月)となります。たとえば2018年10月に端末が家に届いた(サービスが開始した)場合、2020年11月(10/21〜11/20)が更新月となります。

 

解約は20日締めなので、この1ヵ月間(10/21〜11/20)に解約すれば解約金はかかりません。このタイミングで解約しない場合2年間の自動延長となります。更新月以外の月で解約すると以下の解約金が発生します。

 

  • 0か月目〜12か月目まで:19,000円
  • 13か月目〜24か月目まで:14,000円
  • 25か月目以降:9,500円

 

本来端末は2万円しますが、これは無料で申し込みができます。初期費用はかからない分、1年以内に解約した場合解約金が高くなっています。解約するタイミングに注意が必要です。

 

支払い方法

支払い方法はクレジットカードのみです。それ以外は不可です。

 

サポートの質は?

公式HPにはサポートの電話番号の記載はありませんが、問い合わせをすると商品と同梱して、ご契約者様専用カスタマーサポートのお電話番号を用意しているとのことです。
(受付時間:10:00〜19:00)

 

サポートは主に電話でのやり取りとなります。

 

有料オプション

・安心サポート(月額300円)
端末(モバイルルーター)がもし故障した場合は無償で修理してくれるサポートです。端末が壊れないか不安な方は入るとよいです。

 

カシモWiMAXの申し込みはこちら

 

他のプロバイダとの比較

2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円

一番安いのはとくとくBBやビッグローブですが、これらは1年後に受取手続きをしないといけません。それなら最初から月額割引きされているプロバイダを選んだ方がいいかなと思います。カシモWiMAXは月額割引きの中では一番お得なプロバイダとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ