GMOのとくとくBBWiMAXの特徴

GMOのとくとくBBWiMAXの特徴まとめ

GMOのとくとくBBWiMAXの特徴まとめ

GMOのとくとくBBWiMAXについて解説していきます。

 

プロバイダはGMOインターネット株式会社になります。ドメイン名登録事業、レンタルサーバー事業においては国内大手で東証1部上場しているインターネットの会社となります。

 

こちらで窓口となってWiMAXの取扱いをしています。サービス自体はUQWiMAXが提供しているものと全く同じですが、契約や料金の管理についてはGMOが行うということです。上場している企業ですし、ドメインの情報管理でのこれまでの実績も確かなので、情報を受け渡しても大丈夫か?という不安については問題ないと言えます。

 

ドメインとはWEBサイトの住所のようなものでURLに該当しますが、これは一般利用する場合、名前と住所と電話番号の登録が必要です。GMOではドメイン名登録事業として大手で10年以上運営してきて、情報流出のトラブルなど一切ないので、そういった面での信頼は大きいです。
GMOから申し込みをすると以下のようになります。

 

  • 会社名→GMOインターネット
  • 初期費用→3千円
  • 端末代→無料
  • 月額料金(ギガ放題)→最初の2ヵ月:3,609円 3カ月目〜:4,263円
  • 解約金→1ヵ月目〜24ヵ月目:24,800円 25ヵ月目:無料 26ヵ月目〜:9,500円
  • 端末到着日→「即日発送」もしくは「通常発送(土日祝を除いて4日後)どちらか選べる
  • 支払い方法→クレジットカードのみ
  • 窓口→平日の10:00〜19:00
  • キャッシュバック→端末が届いてから12カ月後に約3万円の現金キャッシュバック

GMOとくとくBBWiMAXの特徴は以下の通りです。

 

現金3万円キャッシュバック

それぞれ選択する端末によって貰えるキャッシュバック額は異なるのですが、だいたい3万円くらいの現金キャッシュバックがついてきます。

 

ただし注意点として、現金キャッシュバックが振りこまれるのは12カ月後です。端末が届いた月から数えて11ヵ月目にGMOとくとくBBのメールアドレスに案内が届きます。GMOでWiMAXを使うと、「****@gmobb..jp」のメールアドレスを取得できますが、案内が届くのはこちらのメールアドレスになります。

 

ですから11ヵ月目にログインしてメールチェックする必要があります。案内のメールにはキャッシュバックの受取方法が記載されています。URLをクリックし、銀行口座を登録すると現金が振りこまれます。

 

返信の期日は翌月の末日までで、期限内に手続きしなかった場合は失効となります。たとえば2017年8月15日に端末が届いた場合、2018年6月の中旬に案内のメールが届きます。7月31日までに手続きを済ませる必要があります。

 

「GMOのプロバイダで設定したアドレスに来る」ということと「11ヵ月目にメールが届く」ということが注意点となります。

 

キャッシュバックを受け取り忘れをしそうな方やキャッシュバックの手続きがめんどくさい方は最初から月額料金が割引されているプランを選ぶとよいです。以下から申し込みをすると1ヵ月目〜2ヵ月目は2,590円、3ヵ月目〜24ヵ月目は3,344円でギガ放題を利用できます。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)

 

2年間で合計約2万3千円の月額料金の割引となります。現金3万円のキャッシュバックよりは少額になりますが、確実に割引価格でWiMAXが利用できます。

 

20日以内の解約違約金無料キャンセル適用

ピンポイントエリア判定で「〇」だった方限定、端末が届いてから20日以内でしたら解約金無料でキャンセルができます。

 

WiMAXを契約する場合、必ず2年縛りまたは3年縛りとなるので、それに不安を感じる方のために最初の20日間でキャンセル期間を設けています。

 

ただしピンポイントエリア判定で登録住所が「〇」の方だけに適用されることなので、必ずGMOホームページからピンポイントエリアで確認をしておく必要があります。

 

解約のタイミングに要注意

端末発送した月の翌月を1ヵ月目として25ヵ月目が更新月(解約金がかからない月)となります。たとえば2017年7月に端末が届いた場合、2019年6月21日から2017年7月20日までが更新月となります。
解約については毎月20日が締め日となりますので。

 

これがややこしいと思います。端末が届いてから2年と1ヵ月後が更新月と覚えておけばよいと思います。20日が締め日なので、20日までに解約の電話を入れる必要があります。この1ヵ月間の更新月以外に解約すると解約金が高いので注意が必要です。端末代金は取らない分、解約金が高く設定されています。

 

一番最悪なのは、たとえば契約して10ヵ月利用して解約した場合、キャッシュバックは貰えませんし、解約金は約2万4千円請求されます。WiMAXはそもそも短い期間利用するものではなく、2年なら2年とキッチリ使う必要があります。

 

支払い方法はクレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみです。口座引き落としでの支払いはできません。
口座引き落としを希望の方は以下のプロバイダでは対応しています。

 

サポートの質は?

窓口の受付は平日の10:00〜19:00となります。他のプロバイダに比べてやや短いですね。サポートの質についてですが、これは殆どすべてのプロバイダで受付サポートはアルバイトが行っています。そういった中でどの程度教育がされているかという点ですが、

 

私が実際に電話をした時はとても丁寧でした。通常対応はアルバイトの方で、テクニカルサポートの面では精通した方が対応してくれるという形になっています。この点では他のプロバイダとの差はほとんどないといってよいです。

 

最初から付いてくるオプション

現金キャッシュバックを受け取るため以下の2つのオプションは強制加入となります。これは申し込みフォームから申し込みをすると自動的についてきます。

  • 安心サポート(月額300円)
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション(月額362円)

これは最大2カ月間は月額料金無料となります。これを外すには最低利用期間が1ヶ月間が経過してからでしかオプションの解約をすることはできません。

 

ようは不要な方は端末が届いて1ヵ月利用してサポートに電話をして外すということです。こうすればオプション代は一切請求されません。

 

端末はいつ届く?

「即日発送」もしくは「通常発送(土日祝を除いて4日後)どちらか選べます。

 

即日発送は平日16時、土日祝日14時までの受け付け完了で受付をしています。時間を過ぎての受け付け分は翌日発送となります。通常発送は土日祝日を除いての4日後に発送です。どちらも発送料無料です。即日発送で1日後〜3日後には端末を受け取ることができます。

 

・GMOのとくとくBBWiMAXの申し込みはこちら

 

他のプロバイダとの比較

2年契約のギガ放題(3日で10GB)のトータル金額

※2年トータル費用 = 初期費用+初月料金+その他費用+月額料金×24−キャッシュバック(月額割引き)

プロバイダ名 月額料金 2年間のトータル金額 特典
GMOとくとくBB 4,263円 73,004円 3万1千円CB(12ヵ月後)
3WiMAX 4,330円          75,365 3万1千円CB(15ヵ月後)
ビッグローブWiMAX 3,880円 75,955円 1万5千円CB(12カ月後)+月額割引き
カシモWiMAX 3,380円 76,740円 月額割引き
So-net 3,480円 77,640円 月額割引き
broadWiMAX 3,411円 82,809円 月額割引き+違約金無料で光回線に乗り換え可
UQWiMAX(本家) 4,380円 105,868円 商品券3千円

すべてのプロバイダの中でとくとくBBが一番お得となります。ただしキャッシュバックの受取忘れ、オプションの外し忘れに注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ