ソフトバンク光の工事内容と工事費用

ソフトバンク光の工事内容と工事費用をまとめてみました

ソフトバンク光の工事内容と工事費用をまとめてみました

ソフトバンク光で光回線を利用するには電柱に通っている光ファイバーを建物に引き込み、さらに建物内で終端装置(ホームゲートウェイまたは、ONU)を設置し、引き込んだ光ファイバーと終端装置を繋ぐという工程が必要です。

 

今回はソフトバンク光の工事内容と流れ(期間)と工事費用について解説していきます。

 

ソフトバンク光の工事の費用と内容

 

工事の種類と費用

工事の種類と費用は以下の通りです。

 

・事務手数料 3,000円

 

・開通工事費用

立ち会い工事なし 2,000円
立ち会い工事あり(室内工事のみ) 9,600円
立ち会い工事あり(屋外・室内工事あり) 24,000円

※土日祝日に工事を実施する場合は、通常工事料金から+3,000円されます

 

マンションの場合

マンションの場合、マンションの共有部分に「接続装置」が既に設置されているケースが多いです。ソフトバンク光はNTTの光回線を使っており、多くのマンションでNTTの光回線は既に通っています。

 

前に住んでいた人がNTTの光回線(ソフトバンク光、フレッツ光、ドコモ光等)を引いていた場合は立ち会い工事は必要ありません。この場合は2000円です。

 

前住んでいた人がNTT光回線を引いていなかった場合は立ち会い工事(室内のみ)が必要です。この場合9600円です。

 

そもそもマンションの共有部分に「接続装置」が設置されていない場合、電柱から光ファイバーを室内に引き込む工事(屋外と室内両方)が必要です。この場合24000円かかります。

 

ただしよほど古いマンションやアパートでない限り共有部分にNTTの光回線は引いてあるので、工事費用は2000円〜9600円と考えておけばOKです。前住んでいた人がNTTの光回線を利用していたかどうかが1つの目安となります。

 

戸建て(持家)の場合

戸建ての場合は、電柱から光ファイバーを引っ張ってきて、室内の終端装置に繋げる作業が必要です。これまでNTT光回線を開通したことがない戸建てでは、立ち会い工事(屋外と室内両方)が必要です。工事費用は24000円になります。

 

これまでにNTTの光回線を開通したことがある戸建てでは立ち会い工事(室内のみ)か立ち会い工事不要となります。

 

フレッツ光からの転用(乗り換え)の場合

フレッツ光からの転用の場合工事は必要ありません。工事費用もかかりません。フレッツ光はNTTの光回線ですから、そのままソフトバンク光として利用ができます。モデム(ONU)もそのまま利用ができます。

 

工事費用を実質無料にする方法

ソフトバンク光では正規代理店(NEXT)からの申し込みで2万4千円が2カ月後に現金でキャッシュバックされます。他の代理店ではたとえばオプションをこれだけつけないとキャッシュバックされないとか、別途の申し込みをしないとダメとか条件が厳しいです。

 

NEXTでは特別な条件はなく、不要なオプションを一切つけないでキャッシュバックが受けれるのでおすすめです。これで工事費用をまかなうことができます。

 

 

 

ソフトバンク光利用までの流れと期間

@申し込み
WEB上でソフトバンク光の申し込みを行います。代理店からだと2万4千円のキャッシュバックがついてくるのでおすすめです。

 

A「SoftBank 光 ご利用開始のご案内」(SMSまたは郵送)のお届け
申し込みを済ませると登録した電話番号へショートメッセージ(SMS)で案内が届きます。そこにURLがのってあり、電話番号と生年月日を入力するとマイページにログインできます。

 

そこに工事日が記載されます。申し込みをしてすぐには載りません。サポートの方で住んでいる場所では工事が必要か、またどのような工事が必要か調べます。これに2日〜3日ほどかかります。

 

この間にNTT局内での工事(手続き)も並行して行うため、工事日が決まるまでに3日以上かかることもあります。

 

B光回線の開通工事/宅内機器の接続
工事が不要だった場合はモデム(ONU)や光BBユニットが家に届きます。工事不要の場合は部屋に光コンセントやモジュラージャックやLANコンセントがついているはずですから、それに機器を接続してすぐにインターネットが使えます。

 

工事が必要だった場合は、サポートから電話があり、工事日の調整を行います。立ち会い工事となります。工事日に家で待っていればNTTの社員がきて工事を行ってくれます。工事時間は室内のみで15分程度、屋外で1時間程度です。工事が完了すれば、届いた機器を接続してすぐにインターネットが利用できます。

 

ソフトバンク光の工事の費用と内容

 

申し込みをしてからインターネットが利用できるまでどれくらいかかる?

申し込みをしてからインターネットが利用できるまでの期間ですが、立ち会い工事不要の場合は1週間ほどで利用ができます。サポートが工事が必要かどうか調べるのに2日〜3日かかり、不要だとわかればすぐに機器を送ってくれます。届くのに3日〜4日ほどかかります。

 

立ち会い工事が必要な場合は2週間〜3週間必要になります。NTTの社員と工事日を合わせる必要がありますから、空いている時期はすんなり工事ができますし混んでいる場合は多少時間がかかることがあります。

 

もし申し込みから開通までインターネットが利用できない期間をなくしたいと希望するなら「開通前レンタル」を申し込むとよいでしょう。これはソフトバンク光の公式キャンペーンで正規代理店のNEXTで取り扱いをしています。

 

ソフトバンク光の申し込みと一緒に「開通前レンタルも申し込みます」と伝えると、3日〜4日後に「ポケットWi-Fi」が届きます。これは携帯回線をキャッチして、それを室内にWi-Fiで飛ばすものです。これをインターネットが開通するまで無料でレンタルできます。通信料は一切かかりません。

 

使い方は簡単で、電源を入れて側面に書いてるWi-Fiのパスワードを端末機器に入力するとインターネットが利用できます。パソコンやタブレットやスマートフォンで利用できます。インターネット開通後は機器を郵送で返却します。

 

返却期限は開通月の翌月15日までです。たとえば9月10日にインターネットが開通した場合、10月15日までに郵送で返却します。

 

返却用の着払い伝票や郵送先は入っているので、自分で梱包して郵便局に届ければOKです。未返却の場合は違約金が発生するので注意が必要です。

 

ソフトバンク光のWi-Fi機器開通前レンタルの申し込み方法

 

ソフトバンク光の工事内容は?

工事不要の場合はNTT局内で手続きを行い、機器が届いたらすぐに自分でLANケーブル等に接続してインターネットができます。

 

立ち会い工事(室内のみ)の場合はNTTの社員が訪問し、アイパットのようなものでその場で入力をしすぐにネットが使えるようになります。工事時間は15分程度です。

 

立ち会い工事(屋外、室内)の場合は、まずは電柱から光ファイバーを引っ張り出し、電話やエアコンの配線から通し、室内の終端装置に繋げます。工事時間は1時間程度必要です。

 

屋外工事で穴を開けるの?

ソフトバンク光の工事の費用と内容
電柱の光ファイバーを室内にもってくる方法には「電話用の配管を使う」「エアコンダクト(エアコンの配管)を使う」「壁に穴をあける」の3つがあります。

 

電話用の配管とエアコンの配管は既に通っているものを使うので穴をあけることはありません。この2つの方法が困難な場合は穴をあける工事をします。

 

光ファイバーを通すだけなので穴は直径1cmくらいです。穴をあけたら防水シールドで固め、外から雨などが入らないようにします。もし賃貸に住んでいる方で屋外工事をする場合は予め管理会社に連絡して許可を得る必要があります。

 

関連ページ

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンTOP4!
NEXTのキャンペーン内容と評判
アウンカンパニーの評判
回線速度を上げる高速ハイブリッド接続のやり方について
ソフトバンク光の申し込み方法【2万4千円のキャッシュバック】
ファミリータイプ(戸建て)の料金と回線速度について
マンションタイプの料金と回線速度について
Wi-Fi機器開通前レンタルの申し込み方法
ソフトバンク光への乗り換えで得する人と損する人
ソフトバンク光って実際どうなの?メリットとデメリットまとめ
ホワイト光電話のサービスの特徴と料金まとめ
ソフトバンク光の2ch情報まとめ
ソフトバンク光に乗り換えると今までのメールアドレスは使えない?
ソフトバンク光の4つの詐欺トラブルと解決方法!
提供エリアは?
ソフトバンク光のプロバイダはどこ?回線接続は安定している?
ソフトバンク光とフレッツ光の6つの違いと転用方法!
エヌズカンパニーのキャンペーン内容と評判
LifeBankの評判
Yahoo!BBの評判まとめ!一番安く使うには?
SoftBank Airとはどういったサービス?
ソフトバンク光とワイモバイルの光セット割引
ホワイト光電話のナンバーディスプレイ機能
通信制限や速度制限はある?
VDSL方式(マンション)の回線速度はどう?
「おうち割 光セット」について
ソフトバンク光の解約金と解約方法
ソフトバンク光は結局いくらかかる?料金まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ