ソフトバンク光とフレッツ光

ソフトバンク光とフレッツ光の6つの違いと転用方法!

ソフトバンク光とフレッツ光の6つの違いと転用方法!

フレッツ光とソフトバンク光の違い

ソフトバンク光とフレッツ光の違いと転用
フレッツ光というのはNTTが提供する光インターネットサービスになります。フレッツ光では主に光回線設備の提供を行っており、ユーザーのパソコンを光回線に繋げるには別途でプロバイダとの契約が必要です。インターネットを利用するにはフレッツ光とプロバイダとの2つの契約が必要です。

 

一方ソフトバンク光というのはNTTの光回線の設備を一式借りて、それにプロバイダサービスを加えて、一つにまとめて提供されるサービスになります。光回線とプロバイダを一つにしてサービス展開することで、ソフトバンクの独自のサービスや料金プランを加えることができます。

 

フレッツ光とソフトバンク光は同じ「NTTの光回線」を使っています。では何が違うのか疑問に思う方もいると思います。

 

回線は同じなのですが、光コラボレーションとしてプロバイダとまとめてサービス展開をすることで、料金体制だったりオプションサービスだったり回線速度に差がでます。

 

一般的な光サービスではNTTの都合でプロバイダ側で改善ができないのが現状ですが、ソフトバンク光ではNTTが持っている光回線設備を一式借りているので、プロバイダ側で調整が可能です。

 

結論から言うと、フレッツ光を使っていて今の回線速度に不満のある方やソフトバンク携帯を持っている方は転用することのメリットは大きいです。

 

では具体的にフレッツ光とソフトバンク光の違いについて解説していきます。

 

料金体制

フレッツ光では西日本なのか東日本なのか、どのプランを選んだかによって料金は異なります。現在利用している方は料金を確認してみるとよいです。ソフトバンク光では戸建ての場合は月額5200円です。マンションタイプは月額3800円です。

 

ベーシックなフレッツ光のプランで料金比較すると以下のようになります。どのプランかで違うのですが、正直、数百円程度の差で殆ど料金に違いはありません。

フレッツ光とソフトバンク光の料金比較

・戸建て
フレッツ光:月額5100円(ギガファミリー・スマートタイプ)

 

ソフトバンク光:月額5200円

 

・マンション
フレッツ光:月額4150円(マンションタイプミニ)

 

ソフトバンク光:月額3800円

 

ソフトバンク携帯の基本料金の割引

ソフトバンク光では月額500円のオプションパック(光BBユニットとWi-Fiマルチパックと光電話の3点セット)に入ることでソフトバンクの携帯電話の基本料金が月々割引されます(おうち割)。

 

これは家族全員分適用されます。同居していない家族にも適用されます。割引価格は以下の通りです。

 

ソフトバンク光のメリットデメリットおうち割

 

たとえば3人家族で全員がソフトバンク携帯(データ定額5GB)を利用している場合、合計で4566円が毎月割引きされます。

 

ソフトバンク携帯を利用している方は特にお得に利用ができます。オプションパックについている光電話はこれはソフトバンク光の固定電話サービスになります。割引きされて、さらに固定電話も月額500円で利用できるので、お得です。

 

回線速度

ソフトバンク光では、有料オプションである「光BBユニット(月額500円)」をレンタルすることで、高速ハイブリッド接続が可能です。これはIPv4という接続方式だけでなくIPv6という経路からも接続することで、高速インターネットが楽しめるものです。

 

私も実際にこれを利用しているのですが、夜間でもサクサクインターネットが楽しめています。前はフレッツ光を使っていたのですが、住んでいるマンションのフレッツ光の契約者が多かったため、夜になると速度が落ちていました。

 

いまはソフトバンク光に変更して光BBユニットに接続して利用しているのですが、回線速度は安定しています。夜間にスポナビ動画を高画質で見てもカクカクしません。

 

フレッツ光ですと、回線速度はすべて契約しているプロバイダに左右されます。利用しているプロバイダのその地域の契約者が少ないと接続に空きがあるので、速度は安定します。

 

一方その地域のプロバイダの契約者が多いと接続で混み合ってしまい、夜間になると速度が落ちます。これはフレッツ光の方でタッチできる問題ではないので、速度がでない場合、利用者の方でプロバイダを変えることでしか対策ができません。

 

プロバイダを解約する場合、解約金が発生するケースもあります。特に光回線の契約者が増えている今、渋滞を起こすプロバイダが増えています。そういった中で、ソフトバンク光の高速ハイブリッド接続はとても重宝します。

 

IPv4(PPPoE)というIPアドレスは数に限りがあり、枯渇が進んでいますが、IPv6(IPoE)からのアクセスができることで、安定した速度を出すことができます(PPPoEの制限付きのトンネルを迂回して接続が可能)。

 

サポートの質

フレッツ光のサポートは当然NTT(NTT西日本、NTT東日本)になります。ソフトバンク光のサポートはソフトバンクが行っています。ソフトバンク光のサポートですが、年中無休で通話料無料で電話で受け付けをしています。10:00〜19:00です。

 

営業時間内に電話をかければサポート(テクニカルサポート)の方が対応してくれます。契約内容の変更や解約、オプションの追加やインターネット接続ができない場合などすべて電話で対応してくれます。

 

ですが、やはりサポートの質はNTTの方が高いです。

 

セキュリティソフトはついてくる?

フレッツ光では1台分は無料でトレンドマイクロ社のセキュリティ対策ソフトが使えます。

 

一方ソフトバンク光は無料では使えません。ノートンやマカファーのセキュリティ対策ソフトを月額300円〜570円でオプション追加します。これはオプション追加するかどうかは自由なので、当然自分でセキュリティソフトをダウンロードしてもよいですし、自前で購入するのもよいです。

 

メールアドレス

フレッツ光では利用者がどこかプロバイダを選んで契約していると思います。そのプロバイダでメールアドレスサービスをそれぞれ展開していると思います。

 

ソフトバンク光ではプロバイダは「Yahoo!BB」になります。月額300円を支払うことでYahoo!BBのメールアドレスを持つことができます。

 

フレッツ光からソフトバンク光の転用方法

転用とは、通常利用者がコラボ業者へ移る場合、NTTと解約してコラボ業者へ新規契約しないといけません。この手間を省くのが転用手続きです。

 

正規代理店であるNEXTから転用することで以下のキャンペーンを受けることができます。上2つがソフトバンク光公式キャンペーンで下が代理店がプラスしたキャンペーンです。

 

・フレッツ光を解約した時に発生する解除金を全額キャッシュバック
・ソフトバンク光の工事費用無料
・11,000円の現金キャッシュバック

 

フレッツ光は2年縛りでの契約ですので、契約満了月以外に解約すると解除金が発生します。この解除金分は全額キャッシュバックされます。

 

工事費用は無料です。フレッツ光もソフトバンク光も同じNTT回線ですから、そもそも工事は必要ありません。フレッツ光で使っていたモデムもそのまま利用できます。

 

ようは転用手続きをすると、NTT局内での変更手続きだけしてもらい、それが完了したらすぐに利用できます。こちら側は転用手続きだけすればよいということです。もしひかり電話を利用している場合、「光電話(N)」として継続利用ができます。

 

注意点として、転用をするとサポートが単に変わるという話だけではなく設備一式がNTTからソフトバンク光へ譲渡されます。NTTに付帯したサービスが利用できなくなるのは勿論、一度転用するとNTTへは転用できません(戻れません)。

 

転用の手順は以下の通りです。

 

@フレッツ光に電話してNTTが発行する「転用承諾番号」を取得する
ソフトバンク光へ転用する場合、転用承諾番号が必要になります。先にNTTに電話をして転用承諾番号を取得します。電話で本人確認が取れると教えてくれます。

・NTT東日本

[WEBの場合] https://flets.com/tenyou/
[お電話の場合] 0120-140-202

 

[WEB受付] 8時30分〜22時
[電話受付] 9時〜17時 土日・祝日も受付(年末年始を除きます)

 

・NTT西日本
[WEBの場合] https://flets-w.com/collabo/
[お電話の場合] 0120-553-104

 

[WEB受付] 7時〜深夜1時
[電話受付] 9時〜17時 土日・祝日も受付(年末年始を除きます)


AWEB申し込みフォームを入力する
フレッツ光からソフトバンク光へ転用
正規代理店のNEXTのWEB申し込みフォームで「ソフトバンク光 転用」と選択すると、先ほど取得した転用承諾番号記入欄が出てきます。そこに記入し基本事項も記入します

 

B折り返しメールがある
折り返し確認メールが届き、電話がかかってきます。今後の日程の説明があります。この時にキャッシュバックの詳細についても説明があるので、銀行口座を教えると2カ月後に現金1万1千円のキャッシュバックが受け取れます。

 

Cプロバイダの解約
ソフトバンク光へ転用を完了したら、これまで使っていたプロバイダの解約をします。フレッツ光を契約している時、別でプロバイダも契約しているはずです。
そちらは電話で解約をします。プロバイダを解約しないと料金は発生し続けますから、そちらも忘れずに解約しましょう。

 

 

関連ページ

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンTOP4!
NEXTのキャンペーン内容と評判
アウンカンパニーの評判
回線速度を上げる高速ハイブリッド接続のやり方について
ソフトバンク光の申し込み方法【2万4千円のキャッシュバック】
ファミリータイプ(戸建て)の料金と回線速度について
マンションタイプの料金と回線速度について
Wi-Fi機器開通前レンタルの申し込み方法
ソフトバンク光への乗り換えで得する人と損する人
ソフトバンク光って実際どうなの?メリットとデメリットまとめ
ホワイト光電話のサービスの特徴と料金まとめ
ソフトバンク光の2ch情報まとめ
ソフトバンク光に乗り換えると今までのメールアドレスは使えない?
ソフトバンク光の4つの詐欺トラブルと解決方法!
提供エリアは?
ソフトバンク光のプロバイダはどこ?回線接続は安定している?
ソフトバンク光の工事内容と工事費用をまとめてみました
エヌズカンパニーのキャンペーン内容と評判
LifeBankの評判
Yahoo!BBの評判まとめ!一番安く使うには?
SoftBank Airとはどういったサービス?
ソフトバンク光とワイモバイルの光セット割引
ホワイト光電話のナンバーディスプレイ機能
通信制限や速度制限はある?
VDSL方式(マンション)の回線速度はどう?
「おうち割 光セット」について
ソフトバンク光の解約金と解約方法
ソフトバンク光は結局いくらかかる?料金まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ