NURO光の解約方法

NURO光の解約方法と発生する解約金

NURO光の解約方法と発生する解約金

NURO光の解約方法

NURO光の解約方法について解説します。NURO光というのは「光回線」と「プロバイダ(so-net)」がセットになったサービスとなります。これらのサービスに加え、オプション追加した方は「光電話(NURO光でんわ)」も利用ができるシステムです。

 

NURO光を解約すると、これら全てが解約となります。ようは電話一本ですべて解約になるということです。

 

解約方法は簡単で営業時間内にNUROサポートデスクに電話をして退会する旨を伝えます。オペレーターが退会手続きのための案内をしてくれるので、それに答えて完了です。

 

・NUROサポートデスク
0120-65-3810(無料)
受付時間 9:00〜19:00

 

解約金はどのくらい発生する?

解約時に解約金が発生する可能性があるのは「解約金」「相殺されていない分の工事費」の2つです。それぞれ解説していきます。

 

・解約金
NURO光には以下の2つのプランがあります。

  • 光G2V・・・月額4743円で2年自動更新プラン
  • 光G2・・・月額7124円で自動更新なし

どちらかのプランを選んでいると思います。「光G2プラン(月額7124円)」を選んでいる場合はいつ退会しても解約金は一切発生しません。

 

光G2V(月額4743円)を選んだ場合、これは2年縛りの契約となります。利用を開始した月を1ヵ月目として、25ヵ月目が更新月(解約金が発生しない月)となります。更新月に解約すると解約金は発生しませんが、更新月以外に解約すると解約金9500円発生します。

 

たとえば2017年11月に利用開始した場合、更新月は2019年11月が更新月となります。この1カ月間だけが解約金が発生しない月です。

 

更新月がいつなのか確認する方法ですが、NURO光のマイページにアクセスすると確認できます。マイページでIDとパスワードを入力してログインします。

 

「接続サービス・高速モバイルオプションご利用状況」から「ご契約者情報の詳細」を選択します。「お申し込み内容と進捗状況の確認」画面が表示されましたら、「継続契約の次回更新月」という項目があります。そこに更新月がいつなのか書いてあります。

 

・相殺されていない分の工事費
NURO光では工事費が4万円かかります。これは毎月1333円ずつ相殺されていき、30ヵ月継続利用すれば工事費4万円はすべて相殺され、実質無料となります。
ようは30ヵ月NURO光を利用してはじめて4万円の工事費は無料になるということです。

 

たとえば25ヵ月目でNURO光を解約した場合、25ヵ月目は更新月となるので解約金は発生しません。しかし相殺されていない分の工事費(1333円×5か月=6665円)は残っていますから、6665円は支払う必要があります。

 

NURO光で解約時に全く料金が発生しないのは、利用を開始してから4年後(2回目の更新月)となります。更新月で解約金は発生しませんし、30カ月以上利用しているので工事費もかかりません。

 

 

解約金はどのくらい発生する?まとめ

更新月以外に解約すると解約金9500円かかります。あとは利用開始して30ヵ月以内に解約すると相殺されていない分の工事費も支払う必要があります。

 

その他の解約金

  • NURO光でんわのオプション追加している場合、NURO光でんわの解約工事費として1000円発生します
  • 無料貸出されている回線終端装置(NURO光専用のホームゲートウェイ)が壊れて返却された場合11000発生します
  • 回線撤去工事を希望する場合は撤去工事費10000円

NURO光でんわを使っている方はその解約金として1000円かかります。

 

最初の工事で業者から渡されたONU(回線終端装置)ですが、これは返却する必要があります。壊すと損害金が発生するので注意が必要です。これはNURO指定業者が自宅まで訪問し取りに来ます。返却物は以下のリンクで確認できます。

 

NURO光解約時の返却物一覧

 

撤去工事ですが、これは必要であれば1万円で行うことができます。NURO光では1回目の工事で宅内工事をしたかと思います。外壁に光キャビネットを取り付け、それを室内まで引き込み、光コンセントを露出配線として設置しています。

 

撤去工事とはこれらを撤去することです。持家の方は特別撤去工事をする必要はないと思います。家を売る場合は次の人が入居してすぐに使えます。他社から戻りたい場合もすぐに使えます。そのままにしておくと、もし次NURO光を使う時にそれをそのまま利用できます。撤去工事をするかどうかは自己判断となります。

 

賃貸で宅内工事をした方は大家さんに必要かどうか相談してみるとよいです。

 

請求されるのはいつまで?

利用料金は日割り計算されず解約月の1か月分が発生します。

 

たとえば10月5日に解約手続きを行った場合、日割りでの計算はされずに、10月分までの料金が請求されることになります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ