NURO光の10Gbpsサービス

NURO光の10Gbpsサービスはどうなのか?

NURO光の10Gbpsサービスはどうなのか?

NURO光の10Gbpsサービスの概要は以下の通りです。

対象住居・・・戸建て、5階建て以下の集合住宅

最大速度・・・下り概ね10Gbps(B/E)
上り概ね・・・2.5Gbps(B/E)
無線LAN・・・802.11 a/b/g/n/ac
無線最大速度・・・1.3Gbps
セキュリティサービス・・・標準装備(無料)
電話・・・NURO光でんわ月額基本料金500円)
メール・・・なし
月額基本料金・・・6,480円(キャンペーン期間中は割引きになっています)
事務手数料・・・3,000円
工事費・・・40,000円(30ヶ月の分割にてご請求します)
工事費相当分割引・・・1,334円割引/月x30ヶ月なし
契約解除料・・・9,500円

対応エリア
【東京都】

港区、渋谷区、新宿区、世田谷区、千代田区、中野区、板橋区、品川区、文京区、豊島区、北区、目黒区、練馬区
【神奈川県】
綾瀬市、厚木市、大和市、藤沢市、平塚市
【静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県の一部エリア】
静岡県:島田市、藤枝市、焼津市
大阪府:羽曳野市、枚方市、藤井寺市、八尾市
兵庫県:明石市、神戸市西区、姫路市
奈良県:生駒市、香芝市、橿原市、葛城市、北葛城郡上牧町、桜井市、奈良市

 

提供ONU

・HN8055Q
https://biz.nuro.jp/archive/manual/guide_hn8055q.pdf

 

・F260A

NURO光の10Gbpsサービスはどうなのか?

NURO光の10Gサービスとは、XG-PONと呼ばれる規格が使われています。2GサービスではG-PONという規格が使われていましたが、この発展形となります。下りが最大10Gbpsとなっており、これは世界最速となります。ただし対応エリアが狭いです。東京都と神奈川県の一部のエリアでしか実施されていません。

 

このサービスどうなのかと言われたら、過剰スペックと言えます。

 

提供されるONUはHN8055QかF260Aどちらかのようです。テクニカルサポートに問い合わせしてみたのですが、提供機器のすべての詳細を公開することはできないと言われました。

 

HN8055Qを調べてみたら取扱い説明書があり、そこには10Gbps対応のLANポートが1つだけ用意されていました。ただし、本当に10Gbps出すことは難しいです。無線の場合は最大1.3Gbpsとなります。

 

現在10Gbpsに対応しているLAN端子は一般販売されていません。これを実現する場合、4万〜6万ほどする10Gbps対応のLAN端子(10Gbps対応LANカード)を購入し、自作でパソコンを作る必要があります。

 

おそらく10Gbpsを実現できてもSSDの書き込みが間に合わないでしょう。この10Gbpsも当然、PON規格ですから、一本の光ファイバーを何人かのユーザーで共有されます。共有数もテクニカルサポートに問い合わせてみたのですが、非公開と言われました。

 

エリアによって共有数を変えていると言われました。所説によると最大128ユーザーで共有されているそうです(確かな情報ではありません)。たとえば最大128ユーザーで共有する場合、たとえ10Gbpsであっても「10Gbps÷128ユーザー=1ユーザーあたり78.125Mbps」となります。

 

当然確かな情報ではありませんし、一本の光ファイバーが利用率100%で同タイミングで一斉に利用することなんてないと思います。ただし、たとえ10Gbpsであっても共有数が多ければ、速度は落ちるということです。

 

現状では、そもそもONUのスペックを一般公開していない不明瞭さ、10Gbpsの対応機器が一般販売されていない点、共有数も非公開、これらがありますから、実際どの程度でるかはわかりません。

 

NURO光10Gbpsのスペックを十分生かすには?

まずは電源コードを提供ONUに繋いで電源を入れます。次に光コンセントとONUの光コネクトを光ファイバーで接続します。あとは1つだけ用意されているONUの10Gbps対応LANポートと自作パソコン(10Gbps対応のLAN端子が搭載されている)をLANケーブル(カテゴリ6A以上)でつなぎます。これで10Gbpsの速度がネックになる個所はなく十分な速度が実現するはずです。10Gbps対応のLAN端子があるパソコンは自作で作らないといけません。

実際に体験してみました

実はNURO光10Gbpsサービスを体験できる店舗があります。いくつかあるのですが、私が実際に行ったのは「ノジマ 厚木本店」です。

 

店舗に入り、2階に上がると、大きな台にNURO光10GbpsのONUが置いてありました。そこONUに自分で用意したLANケーブルとパソコンを接続して体験ができるようになっていました。

 

店員に一声かけて、実際に使ってみました。ただ、私が用意したノートパソコンはLANケーブルはカテゴリ7(10Gbps対応)ですが、LAN端子は1000BASE-T(1Gbps対応)のものです。

 

最初から結果はわかりきっていたのですが、近くに体験できる場所があると知り体験してみました。LANケーブルで繋ぎ、ネット接続するとかなりサクサク動きました。スピードテストをすると546Mbps出ていました。夜8時だったのでこんなものだと思います。

 

実際問題として1Gbpsを超えるスピードを出すというのは大変難しいです。10Gbpsサービスを契約すれば光コンセントまでは10Gbpsのスピードが届くのでしょうが、現在製品化されているものはほとんどが最大1Gbps対応のものばかりです。それらの製品を使っている限り、1Gbpsを超える速度というのは実現不可能です。1Gbpsが現在の基準となっていますから。

 

NURO光の10Gbpsサービスはどうなのかと言われたら、過剰スペックと言えます。500MbpsくらいならNURO光の通常プランで実現できます。

 

NURO光10Gbpsサービスは本当に通信機器好きな人が使うものなのかなと感じました。一般の方が使うには、月額4743円の通常サービスを申し込むとよいです。

 

【NURO光】スローダイニングからの申し込みで4万5千円の現金キャッシュバックをゲットする方法


ホーム RSS購読 サイトマップ