NURO光の評判

NURO光のサービス内容と評判まとめました!

NURO光のサービス内容と評判まとめ

NURO光の概要
提供 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
費用

・事務手数料 3000円
・工事費用 40000円(30ヵ月の利用で実質無料)

月額料金

・4743円(2年自動更新プラン)
・1900円〜2500円(NURO光forマンション)

工事内容 合計2回(1回目が宅内工事、2回目が屋外工事)
契約期間

「自動更新なし」or「2年自動更新」
契約満了月以外に解約すると解除金9500円かかる

おうち割 NURO光でんわを付けることで、ソフトバンク携帯1台につき月額基本料500円〜2000円割引き
回線 光回線(G-PON)
最大速度 下り最大2Gbps 上り最大1Gbps
通信量 使い放題
通信速度制限 なし
プロバイダ So-net(SONYの子会社)
対応エリア 関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)

東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)

提供機器

・ONU(最新機種は11ac対応 Wi-Fi最大1.3Gbps)
・LANケーブル カテゴリ5e

セキュリティソフト カスペルスキーを無料で利用可
キャッシュバック 特設ページからの申し込みで現金3万円キャッシュバック(開通してから4ヵ月と15日経過後にメールが届き、申請する)
メールアドレス So-netのメールアドレスを無料で利用可(〇〇@so-net.jp)
NURO光公式HP(特設ページ) https://www.nuro.jp/hikari/pr/index.html

 

NURO光とはSONYの完全子会社であるSo-net(プロバイダ)が提供する光サービスです。NTTの光回線設備を借りて、それをプロバイダ側で独自の改良をして提供しています。NURO光は下り最大2Gbpsとなります。これは業界最速です。

 

NTTのダークファイバ―(未使用の光ファイバー)を使い、それにG-PONと呼ばれる伝達効率を高める技術を使い、対応機器を海外から取り寄せて、下り最大2Gbpsを実現しています。

 

NTTの光回線(フレッツ光)では最大1Gbpsですが、プロバイダ側で独自の改良を行い、伝達効率を高めることで、その2倍の速度を実現したのです。G-PONを使っているのは現段階ではNURO光だけとなります。

 

NURO光の利点は「料金が安いこと」と「回線速度が速いこと」です。

 

利用料金は2年自動更新プランで月額4743円となります。NURO光forマンションでは月額1900円〜2500円です。これは導入マンションはまだまだ少ないのですが、一応マンションタイプとなります。

 

他の光回線の料金は戸建てで月額5000円前後、マンションタイプで月額4000円前後ですから、NURO光の方が若干料金が安いです。

 

あとは回線速度が速いことです。たとえばフレッツ光では1Gbpsの一本の光ファイバーを最大32ユーザーでシェアされます。フレッツ光の利用率はとても高いので、どこも空きがない状態です。

 

広告では下り最大1Gbpsを謳っていても、年々利用率と利用トラフィックが高まっており、なかなか速度が出ない状態です。NURO光ではフレッツ光の光ファイバーを使っていますが、伝達効率を高めて2Gbpsにしていますから、そこの差があります。一本の光ファイバーを何人かで共有するのは同じですが、そもそも最大速度が違うため、速度は速くなります。

 

また、NURO光は未使用の光ファイバーを安く借りて利用しています。利用率は高くないため、とても速い速度が出ています。「利用率が高くない」「最大2Gbpsをシェアする形をとっている」という2点が回線速度が速い理由です。料金が安く、回線速度が速いのでいま人気の光回線サービスとなっています。

 

デメリットとしては「提供エリアが狭いこと」と「工事まで時間がかかること」です。

 

現段階ではNURO光の対応エリアは関東と関西と東海だけです。提供エリアは以下の通りです。

提供エリア
関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良


どんなにNURO光が使いたくても提供エリア外でしたら利用できません。そこが大きなデメリットとなります。

 

もう一つは開通まで時間がかかることです。たとえばフレッツ光では工事は1回だけです。申し込みをして開通まで最短で2週間程度です。

 

一方NURO光は2回の工事が必要です。それぞれ立ち会い工事となるので日程を調整して在宅しておく必要があります。工事時間は1時間〜1時間半程度です。1回目は宅内工事(NURO指定業者)で2回目が屋外工事(NTT下請け業者)となります。申し込みをしてからNURO光が開通するまで3週間〜1ヵ月かかります。

 

宅内工事は比較的早いけど宅外工事は1ヵ月以上待つこともあります。開通までに3週間〜1ヵ月半は見積もっておく必要があります。もし今インターネットを利用していてその乗り換えの場合は、いまのインターネットは2回目の工事が完了するまで解約しない方がよいです。

 

2回目の工事でキャンセルになることが稀にあるので。いま使っているインターネットは契約したまま並行してNURO光の工事が可能なので、2回目の工事が完了した時点で解約するようにします。
この場合解約月は2重に料金発生してしまいます。これは避けることができません。

 

NURO光公式HP(特設ページ)からの申し込みで現金3万円キャッシュバックなので、それで賄うことができます。

 

ちなみにNURO光を利用すると、ソフトバンクユーザー(スマホや携帯がソフトバンクの方)はお得となります。NURO光の固定電話サービスである「NURO光でんわ(月額500円、通話料7.99円/3分)」を付けることで、ソフトバンク携帯の月額基本料金が毎月500円〜2000円割引されます。

 

これは家族全員分適用です。たとえばデータ定額5GBの方は毎月1522円割引きです。家族でデータ定額5GBの方が3人いる場合、「1522円×3人=4566円」毎月割引きされます。

 

おうちのインターネットをNURO光、携帯(スマホ)はソフトバンク、という組み合わせはお得に利用できるシステムになっています。NURO光でんわはソフトバンク系列のものを使っているので、それで割引が適用されます。

 

おうち割の詳細はこちら

 

 

NURO光の料金

初期費用(事務手数料)は3000円です。

 

月額基本料金は4743円(2年自動更新プラン)です。
※自動更新なしプランは7124円

 

工事費は40000円です。これは毎月1333円ずつ相殺されていき、30カ月利用すればすべて相殺されて実質無料となります。

 

もし30ヵ月以内に解約した場合、たとえば25ヵ月目で解約した場合、相殺されていない分の工事費(1333円×5ヵ月=6665円)を払う必要があります。工事費は初期費用としてかかるのではなく、解約時に支払うということです。30カ月以上の利用で工事費を払う必要はありません。

 

解約金は更新月以外の解約で9500円です。2年自動更新プランでは、NURO光が開通した月を1ヵ月目として、25ヵ月目が更新月(解約金がかからない月)となります。たとえば2017年5月から利用開始した場合、2019年5月が更新月となります。更新月はマイページで確認ができます。

 

工事費との兼ね合いですが、たとえば1回目の更新月(利用開始から25ヵ月目)に解約すると解約金はかかりませんが、相殺されていない分の工事費(5ヵ月分で6665円)は発生します。解約時に全く料金が発生しない月は2回目の更新月(4年後)となります。注意が必要です。

 

NURO光の回線速度

以下がNURO光が公式で提供している通信速度測定システムで集計した結果となります。シングル方式となるのでかなり正確な数値となります。
NURO光の回線速度

 

これらの測定の中で一番早いのが830.9Mbpsですね。NURO光では光コンセントまでは最大2Gbpsが出ていますが、これ以降、ネット環境によって速度を落としてしまいます。

 

有線の場合は、カテゴリ5e(最大1Gbps)以上のLANケーブルを使い、LAN端子(LANケーブルの差込口)を1000BASE-T(最大1Gbps)規格のLAN端子を使うと、最大1Gbpsが出ます。有線の場合、ネット環境を整えることで400Mbps〜900Mbps出ている方が多いです。

 

これらの中で一番遅いのが「12.3 Mbps」ですね。これはLAN端子が100BASE-TX規格のものを使っていて、さらに重たいセキュリティソフトを使っている状態だと推測されます。

 

せっかく光コンセントまでは2Gbpsが届いても、LAN端子が100Mbpsしか対応していない場合、そこがネック(詰まり)となり100Mbpsしか出ません。さらにノートンなど重たいセキュリティソフトを使っているとさらに遅くなります。

 

「12.3 Mbps」や「40.7 Mbps」や「53.6 Mbps」はどこかネックとなる個所があるはずなので、それを解消すると速度アップするはずです。

 

たしかにNURO光自体はとてもスペックの高いものですが、使う機器によって差がでます。ただし、NURO光では付属として11ac対応のONUやカテゴリ5eのLANケーブルが最初から無料でついてきます。

 

こちら側ではLAN端子だったり、Wi-Fiを受信する端末機器を11acのものを使えば、それで十分速度が出ます。たとえばiPhone6以降は11ac対応となります。パソコンも2014年以降に発売されたものの殆どが1000BASE-T(1Gbps対応のLAN端子)となります。

 

あまりに古いパソコンだったり、古い端末機器(スマホやタブレット)だったりを使っているとNURO光の回線を生かせないので注意が必要です。

 

NURO光の回線速度は速いのか?回線速度を上げる9つのヒント

 

実際にNURO光を使っていた感想

私が住んでいるマンションでは、関東地方ですが、建物が古く配管がないためNURO光は利用できませんでした。住んでいるマンションでは利用できませんが、興味があったので、店舗やNURO光を開通している友人宅にいって、何回かNURO光を使ってみました。

 

利用環境ですが、ノートパソコンは3年前に買った5万円くらいのレノボ(LENOVO G50)です。SSDに交換済みです。LANケーブルはカテゴリ6Aを使っています。

 

これでNURO光を繋いでみたのですが、確かに速かったです。ただし、今のマンションでは常時30Mbps以上安定して出ているので、そこまで大きな差は感じませんでした。

 

たしかにもたつく感じが全くなく、サクサク動きました。気持ちこれまで使っていたネットよりちょっと速いなと思いました。測定すると520Mbps出ていました。夜間でこれだけ出ていたので、速度は優秀だと思います。友人に聞いたら、夜間では100Mbps程度は速度が落ちるけど、安定して300Mbps以上でているとのことでした。

 

スポナビライブをフルHD画質にして15窓以上したり、ネトゲをしたりしたのですが、全くもたつきませんでした。かなりサクサク動きました。

 

普通にインターネットするだけなら、たとえばサイトをみたり動画をみたりなどは、小さな容量がこまめにダウンロードされるだけです。ストリーミング再生でも、ダウンロードをまずは数秒して、その後は再生とダウンロードが同時に行われます。

 

大容量をダウンロードする機会はほとんどないので、劇的な変化はありません。確かにサクサク動くなぁという感じです。

 

25〜30Mbpsというのが1つの基準となります。たとえばこれまでADSLやケーブルテレビ、ポケットWi-Fiを使っていた方がNURO光に乗り換えた場合、体感速度としてかなり大きな変化が感じられるはずです。

 

これまで30Mbps以上は日夜問わず安定して出ていた方は大きな変化はありません。たとえば250MBなど大容量の動画をダウンロードする場合は、大きな差がでます。

 

 

NURO光の付属品

NURO光の回線速度
付属品として「ONU(回線終端装置)」と「LANケーブル」がついてきます。これらは無料貸し出しという形(解約時に返却)です。

 

ONUは信号変換機能もルーター機能もWi-Fi機能も搭載されているから、これ1つで有線接続も無線接続も可能です。

 

新機種は11acに対応しており、無線で最大1.3Gbpsとなっているので、十分なスペックです。LANケーブルはカテゴリ5eでこれは最大1Gbpsとなります。ようはこちら側でルーターを用意する必要も、LANケーブルを用意する必要もありません。

 

付属品でNURO光の回線速度を十分に生かせます。11ac対応のルーターはとにかく高く、6千円以上します。こういった高額のルーターをこちら側で買わなくてもいいというのは大きいと思います。

 

ONUには旧機種(HG8045D / F660T)と新機種(HG8045Q / F660A)があります。もし旧機種を渡された場合、サポートに言えばいつでも無料で交換が可能です。

 

NURO光の11ac対応のONUの詳細!ルーターは必要?

 

あとはセキュリティソフトも無料でついてきます。カスペルスキーというソフトになります。これはAmazonでの価格は1年タイプで4573円です。

 

精度の高い(ウイルスを検知する能力が秀でている)ことで評判のソフトです。ただしソフトはやや軽いのですが、それでもこれをインストールすると回線速度が重たくなることがあります。

 

100Mbps〜200Mbpsほど回線速度が遅くなったという報告があります。インストールする前とした後で速度を測定してみて、利用するかどうか決めるとよいです。永年無料で利用できるのでいつでもインストールが可能です。

 

NURO光でんわ

NURO光でんわはNURO光の固定電話サービスです。初期費用3000円で導入ができます。月額料金は500円です(関西・東海では月額300円)。通話料は以下の通りです。光電話となるので通話料は安くなっています。

 

家に固定電話をつけたい場合は申し込みをするとよいです。

・国内一般電話 7.99円/3分

・国内携帯電話 8時〜23時は25円/1分、23時〜8時は20円/1分
・NURO光でんわ/BBフォン光/BBフォン/BBフォン(M)/ケーブルライン/ひかりdeトークS/ホワイト光電話は通話料無料
・NURO光でんわとソフトバンク携帯間の通話料無料(ホワイトコール24加入が必要)
・国内PHS 10円/1分+1通話につき10円


NURO光でんわの詳細はこちら

 

NURO光公式キャンペーン

NURO光の公式HPで、特設ページが用意されています。そこから申し込みをすることで現金3万円キャッシュバックです。

 

開通月から4ヵ月と15日経過後にSo-netのメールに受取案内が届きます。そのメールに従って45日以内に申請すると3万円貰えます。

 

So-net公式キャンペーンなので安心です。たとえば3月1日に開通した場合、7月15日にメールが届きます。申請期間は7月15日から8月29日までです。

 

その他、「プレーステーション4+5千円分のソフト」が貰えるNURO光のキャンペーンもあります。これもSo-net公式キャンペーンとなります。以下が詳細となります。

 

 

PS4の申し込み方法

NURO光のサービス内容と評判まとめました!記事一覧

NURO光申し込み方法【公式キャッシュバックを確実に受け取る】

NURO光の申し込み方法について解説します。NURO光での申し込みは代理店から、家電量販店から、公式HPからなどありますが、現段階では公式HP(特設ページ)からの申し込みが一番キャッシュバック額が大きいです。NURO光の公式HPはこちら【簡単申込】公式HPからですと不要なオプションがつくこともないで...

≫続きを読む

 

NURO光の回線速度は速いのか?回線速度を上げる9つのヒント

NURO光の回線速度ですが、結論から言うと「速い」という答えになります。NURO光はNTTからダークファイバ―(未使用の光ファイバー)を借りて、それにGPONと呼ばれる技術を使ってサービス提供をしています。GPONとは海外で使われているBPONと呼ばれる技術を応用し、海外から対応の機器(Huawei...

≫続きを読む

 

NURO光の提供エリアを調べる方法とエリア外だった場合の対策

NURO光の提供エリアNURO光は関東、東海、関西で利用可能です。以下の通りです。関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)戸建てでは勿論関東エリアなら導入可能です。集合住宅(マンションやアパート)は「7階...

≫続きを読む

 

NURO光は結局いくらかかる?料金システムについて

NURO光の料金について解説NURO光の料金を5つに分けて解説します。「初期費用」「工事費用」「月額基本料金」「解約金」「オプション料金」初期費用・初期費用:3000円NURO光では最初にかかるお金(利用開始月に請求)として事務手数料3000円必要です。工事費用・工事費用:40000円(30ヶ月の利...

≫続きを読む

 

NURO光に乗り換える時の注意点と乗り換え方法

今回は他社インターネットからNURO光への乗り換え方法について解説します。NURO光に乗り換える時の注意点と手順について解説します。他社インターネットからNURO光に乗り換える時の注意点は以下の通りです。NURO光に乗り換えキャンペーンはありませんたとえばソフトバンク光では、他社インターネットの乗り...

≫続きを読む

 

NURO光の解約方法と発生する解約金

NURO光の解約方法NURO光の解約方法について解説します。NURO光というのは「光回線」と「プロバイダ(so-net)」がセットになったサービスとなります。これらのサービスに加え、オプション追加した方は「光電話(NURO光でんわ)」も利用ができるシステムです。NURO光を解約すると、これら全てが解...

≫続きを読む

 

NURO光の11ac対応のONUの詳細!ルーターは必要?

■ファイル nurohikarionuNURO光の11ac対応のONUの詳細!NURO光にルーターは必要?NURO光のONUの詳細NURO光のONU(回線終端装置)には3つの機能が既に備わっています。光信号とデジタル信号を相互に変換する機能とルーター機能とWi-Fi機能です。ようはこのNURO光専用...

≫続きを読む

 

NURO光のセキュリティソフト「カスペルスキー」の詳細

NURO光のセキュリティソフトたとえば他の光コラボではセキュリティソフトを使うには別途で月額300円〜必要などのシステムになっていることが多いです。NURO光の場合は無料でカスペルスキーというセキュリティソフトが使えます。※NURO光forマンション(マンションタイプ)ではカスペルスキーを使うには月...

≫続きを読む

 

NURO光でんわのサービス内容と料金システムについて

■画像はnurohikaridennwaNURO光でんわとはどういったサービスなのか?サービスの特徴と料金システムとソフトバンク携帯とのお得なオプションについて解説していきます。NURO光でんわの利用料金NURO光でんわの料金を「初期費用」「基本料金」「通話料」の3つに分けて解説していきます。初期費...

≫続きを読む

 

NURO光でんわを利用するとソフトバンク携帯の月額料金が割引されます

NURO光でんわのオプション追加すれば利用できるおうち割NURO光には、NURO光の固定電話サービス(光電話)として「NURO光でんわ」があります。これは初期費用3000円、月額500円で(通話料金は7.99円/3分)NURO光の光電話が利用できるオプションです。※東海や関西では月額300円NURO...

≫続きを読む

 

NURO光とソフトバンク光のサービス内容と料金の比較

NURO光とソフトバンク光の違いとは?NURO光とソフトバンク光(フレッツ光)の違いについて解説します。NURO光とソフトバンク光の大きな違いですが、光回線設備の違いとなります。ソフトバンク光ではGE-PONという技術が使われています。これは現在多くの光回線で採用されている方式で最大速度は「1.25...

≫続きを読む

 

NURO光は関西進出ある?関西ではどこの光回線を使えばよい?

2017年11月20日にNURO光で公式発表がありました。2018年1月下旬より東海、関西への順次サービス提供開始が決定しました。提供エリアの拡大・東海4県(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)・関東2府3県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)2017年11月20日から事前受付開始です。開通工事は...

≫続きを読む

 

NURO光のメリットとデメリットまとめ

NURO光の概要NURO光とはソニーの完全子会社である「so-net(プロバイダ)」が運営する光サービスです。NURO光のメリットとデメリットを解説していきます。NURO光の4つのメリット回線速度が速いNURO光では理論値ですが、下り最大2Gbpsとなっています。従来の光回線では下り最大1Gbpsで...

≫続きを読む

 

NURO光の新規申し込みでPS4をゲットする方法

SONYの完全子会社であるso-net(プロバイダ)が提供している光サービスがNURO光です。SONYですから、NURO光で新規申し込み特典を受ける時、PS4を無料でもらうことができます。NURO光を公式から申し込む時「3万円現金キャッシュバック」か「PS4本体+ストアチケット5000円分」どちらか...

≫続きを読む

 

【NURO光】フルマークスでのキャッシュバックの受取方法

NURO光の正規代理店である「フルマークス」の評判とキャッシュバックの受取方法について解説します。フルマークスの会社概要は以下の通りです。代理店というのは光回線サービスの営業を行い、成果に応じて報酬を得ている会社です。ようは光サービスを営業して契約してもらう会社ですね。光回線会社から報酬が貰えている...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ